脱毛はいつから?

夏、薄着の季節になると、今年こそしっかり脱毛したいと思いますよね。 でもエステに行くとか脱毛のクリニックに行くなどが面倒なんて思って、結局、肌トラブルが起こることがわかっていて、自己処理してしまうんです。 でも生えてきたらまた処理しなければならないし、毛が濃い人は毎日処理するという方もいるくらいです。

面倒だし肌にもよくないし、やっぱりエステやクリニックでの脱毛をお勧めします。 今は一般の方も脱毛は専門家に施術してもらう人が多くなっています。 この脱毛という技術はいったいいつできたもので、どこから始まったんでしょう?脱毛の歴史をひも解くと、こんなに昔から?なんてびっくりします。

地中海地方や古代オリエントでは、紀元前3000年以降、すでに脱毛剤があった!ということですから、これはかなり古い歴史です。 この脱毛剤は硫黄や切開などを水でペースト状にしたものだったということが知られています。 この当時から女性にとってムダ毛は必要ないものとして認識されていたということですね。 では私たちが暮らす日本ではどうなのか?というと、平安時代!です。

脇や腕などの今多くの女性が行っている部位ではなく、なんと額の形を美しく整えるために行っていたのです。 額の余分な毛を抜き、額専用の墨で形よく書き整えていたというから驚きです。 江戸時代になると遊郭の女性たちがアンダーヘアに軽石を使い切る様に処理したり、お線香で焼いていたというのですから、美への強い思いを感じます。 さて歴史を知ったところで次は脱毛についての基礎知識として、毛周期、さらにはエステとクリニックで行う脱毛の違い、永久脱毛についてご紹介していきます。

 

Copyright © 2014 脱毛!知っておきたい基礎知識 All Rights Reserved.